台湾(台北/台南/高雄)の観光情報(旅行ガイド)や翻訳などサポート。

台湾・台東のオシャレ教会が世界モダニズム建築30棟に選出

Ad

台湾東部・台東にあるカトリック系高校、公東高工の敷地内に立つ公東教会堂が、アメリカの非営利団体「ワールド・モニュメント財団」(WMF)が主宰する世界のモダニズム建築30棟の一つに選出されました。

公東教会堂は1960年前後、高校の創立者である神父が、スイスから建築家のユストゥス・ダヒンデンを招いて建てたもの。

ル・コルビュジエの代表作、ラ・トゥーレット修道院と様式が似たデザインで、東部では珍しい西洋建築との融合が見られます。

台湾で2番目に造られたコンクリート建築として、台湾建築史において重要な位置づけの建物です。

1999年の台湾大地震によりかなり老朽化が進んでいましたが、同窓生らによる出資で修復が施され現在も保存されています。

洗練された設計の教会は4階建て。

教会には大小大きさの違ったステンドグラスがあり、通常イメージする教会のステンドグラスよりもモダンでオシャレ。

シンプルな中にも美しさが溢れ、静謐さが漂う空間です。

世界のモダニズム建築30棟/ワールド・モニュメント財団

台湾観光旅行関連記事

おすすめ記事