台湾(台北/台南/高雄)の観光旅行情報の提供から台湾のガイドや通訳の派遣を行っています。

台湾ランタンフェスティバル、2017年の開催地が雲林県に決定

Ad

本年度は桃園で開催され、大好評で終了した「台湾ランタンフェスティバル」

2017年の開催地が決定しました。

選ばれたのは台湾中部の都市、雲林県。同地での実施はフェスティバルが始まった1990年以来初めてのことで、例年以上に気合が入った開催になりそうです。

2017年の開催地をめぐっては、雲林県と嘉義県が誘致活動を行っていましたが、メイン会場に予定されている「農博生態園区」は、台湾高速鉄道の雲林駅から近いということ、そして園内の豊かな自然が決定打になったようです。

雲林県は農業が盛んなエリアで「台湾の台所」と呼ばれています。農業だけでなく漁業も盛んで、カラスミや牡蠣の養殖が盛んに行われています。

日本でも人気の高いカラスミが台北よりも安く購入できますよ。

日本統治時代の建物が残るノスタルジックな「西螺延平老街」には見所がいっぱい。

建物を見て歩くだけでなく、お買い物も楽しい老街です。

虎尾駅には元消防署をリノベーションした変わった建物がレトロなスターバックスもあります。

ランタンフェスティバル開催時には、雲林駅だけでなく、県庁所在地の斗六や老街も合わせて観光すれば、雲林県の魅力をめいっぱい楽しめますよ。


台湾観光関連記事

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です