台湾・嘉義県を走る阿里山森林鉄道、季節限定クルーズ列車運行決定!

Ad

台湾・嘉義駅から阿里山の山をぐるぐると上がっていく登山鉄道、阿里山森林鉄道では、2017年1〜2月にかけて阿里山のお茶文化を楽しむクルーズ列車が運行されます。
クルーズ列車は嘉義駅をスタートして奮起湖駅まで。

奮起湖から茶畑の風景を楽しみながら散策をするというコースです。

奮起湖駅のある嘉義県梅山郷太和地区はここ数年多くの茶園が開業していることで知られています。

毎年1月下旬になると茶園周辺では真っ白なスモモの花が満開になり、大変美しい光景と評判です。

運行日 1月4日・11日・18日・25日(毎水曜日)
2月8日・15日・22日
参加費 1200台湾元(約4270円)

森鉄クルーズコース/阿里山森林鉄道

台湾観光関連記事

おすすめ記事
コメント
Twitter