台湾最古の台南孔子廟を散策しよう

Ad

台湾の古都・台南は、日本でいうところの京都や奈良のような存在です。趣のある街並みと台湾小吃発祥の地としても知られ、観光客にも非常に人気があります。長きに渡り台南の移ろいゆく街を見つめ続けてきたのが台南孔子廟です。歴史ある孔子廟へ散歩に行ってみましょう。

台湾・台南孔子廟

台湾には各地に孔子廟がありますが、こちらの孔子廟が台湾で最初に作られたものです。

オランダ統治時代から解放された清朝末期の1665年、鄭成功の息子の鄭経が創設しました。当時は台湾においての政治の中心であった上、台湾の最高学府として広く知られていたそうです。台湾にできた最初の学校ということで、多くの学生たちが熱心に学問に励んでいた歴史ある学び舎でもあります。「明倫堂」という建物が、かつて学生が勉強していた教室です。

台湾・台南孔子廟

その隣には「文昌閣」と呼ばれる三重の塔があり、こちらには文昌帝君という道教の神様が祭られています。塔内へ入ることもできますので、是非上ってみましょう。

この辺りに植えられている樹木は果物の木が多く、マンゴーや釈迦頭などの実がなっています。時折リスが木々の間をすばしっこく走っている様子を見ることもできますよ。観察してみてくださいね。

正しいお参りの仕方で参拝を

台湾・台南孔子廟

まずは東大成坊という孔子廟の入り口である門から入りましょう。そして次に禮門、大成門の順に進み、孔子が祀られている大成殿にお参りします。そして参拝後は大成門を出て右に曲がり、義路という門から出て西大成坊から帰るのが正式な順序なのだそうです。参拝時の参考にしてみてくださいね。

大成門の入り口には黄色いお札のような紙がたくさん壁に掛かっています。この黄色い紙に願い事を書いて、机の上のハンコをおして壁にかけましょう。心から願えば叶うかもしれませんよ。

台湾・台南孔子廟ではイベントも開催されます

台湾・台南孔子廟

大成門の先には大成殿があります。ここには孔子とその弟子たちが祀られているほか、清代からの歴代元首の額が飾られています。孔子の誕生日である旧暦9月28日には、毎年「孔子節」という大きなイベントが開催されます。古代中国の楽器による雅楽の演奏や、民族衣装などで着飾った荘厳な雰囲気が楽しめます。秋頃に台湾に行く予定があるなら、予定に組み込んではいかがでしょうか。

そして木々が生い茂る孔子廟では土日の3時半から毎週演奏会が開かれています。孔子廟内や、その前に広がるグランドでは子供から大人までが思い思いの過ごし方で遊んでいますよ。のんびりとした台南の雰囲気に溶け込む孔子廟で、まったりと過ごしてみましょう。

台湾・台南孔子廟向かいの通りも面白い!

台湾・台南孔子廟

台南孔子廟の入り口、東大成坊の道を挟んで反対側に「府中街」という通りがあります。こちらもまた歴史が古く、400年以上もの間、廟前で参拝に訪れる人たちなどで賑わってきました。屋台や飲食店はもちろんですが、今ではおしゃれな雑貨店やカフェもある若者にも人気の通りになっています。ぜひ孔子廟のついでに立ち寄りましょう。

孔子廟は台南駅から17番か18番バスで10分ほどです。台南駅周辺にある他の歴史建造物を訪ねながら歩くのも良いでしょう。歩き疲れたらドリンクスタンドやカフェもたくさんあります。台湾で最も古い孔子廟で台南の魅力に触れてみましょう。

台湾・台南孔子廟

住所 台南市南門路2號
電話番号 06-221-4647
営業時間 8:30~17:30
休み 無休
入館料 25元
アクセス 台南駅から17、18番のバスで約10分。「建興國中」で下車すぐ

【関連記事】

おすすめ記事
コメント
Twitter