台湾(台北/台南/高雄)の観光旅行情報の提供から台湾のガイドや通訳の派遣を行っています。

台北MRT(地下鉄)板南線を使いこなそう!

Ad

台北市内を走るMRT(台北メトロ・地下鉄)の沿線観光地をご紹介する観光地まとめシリーズ、今回は板南線をご紹介します。

板南線は淡水信義線と同じく台北駅を通過し、沿線には有名観光地が集まっているので、台北を訪れた際には利用頻度が高い路線の一つといえます。

台北観光必須、MRT淡水信義線を使いこなそう!

台北市中心部の東西を走るMRT板南線

台北観光必須、MRT板南線を使いこなそう!

板南線はMRT路線図で見ると、淡水信義線とクロスするように東西を走っている路線です。

  • 路線記号:BL
  • 色:藍色
  • 路線番号:5番
です。

台湾鉄道や台湾高速鉄道とも並走しています。

板南線の詳細は、

  • 永寧~府中間:土城線
  • 府中~西門間:板南線
  • 西門~南港展覧館間:南港線
の3路線に分かれており、新北市から板橋市を通過し台北市までを繋いでいます。

西門駅では松山新店線、台北駅では淡水信義線、忠孝新生駅では中和新蘆線、忠孝復興駅では文湖線が乗り入れてます。

過去と現代が交差する賑やかな街「西門」

台北観光必須、MRT板南線を使いこなそう!:西門紅楼

MRT板南線西門駅は台北駅のお隣。

ファッション系のお店やコスメショップが密集しているショッピングストリートや誠品書店があり、深夜まで営業している映画館の立ち並ぶ電影街などで有名です。

特に台北の若者たちが集まる賑やかな街として知られていますが、そんな現代っ子たちが訪れる街の中に、台湾の歴史を語る上では欠かせない歴史的建造物が点在しています。

例えば、MRT西門駅5番出口を出るとすぐ目の前にある中山堂、1919年に建てられた総督府などは建物内部の見学も可能。

台湾クリエイターの商品が買える西門紅楼も是非立ち寄りたいスポットです。

台湾・台北の原宿、西門で街遊び!!

台湾おすすめカフェ:台北・西門の老舗「蜂大咖啡」

台北市のパワースポットの一つ龍山寺

台北観光必須、MRT板南線を使いこなそう!:龍山寺

台北観光の必須スポット龍山寺へはMRT板南線龍山寺駅が最寄駅。代表的な観光スポットではありますが、地元の参拝客を始め、駅の周りはおじいちゃんおばあちゃんの憩いの場なので、台湾らしい風景を見ることができますよ。龍山寺の周辺には胡椒餅の名店「福州元祖胡椒餅」や「周記肉粥店」など美味しいお店もたくさんあります。さらにマニアに人気のディープな夜市「華西街観光夜市」へ行くのもオススメですよ。

台北のパワースポット「龍山寺」でご利益UP!

孫文の功績に触れるなら國父紀念館へ

台北観光必須、MRT板南線を使いこなそう!:国父記念館

中国近代化革命の父として称される孫文の生誕100周年を記念して建てられた記念館です。メモリアルホールには大きな孫文像が展示されています。中正紀念堂と同じくこちらでも毎正時に衛兵の交代式が行われています。施設を訪れるなら衛兵交代式の時間帯を狙って少し早めに行きましょう。國父紀念館の周りは中山公園という広大な公園が広がっています。國父紀念館と台北101をフレームに収めつつ記念撮影はいかがでしょうか。

台湾建国の父、孫文を讃える國父記念館へ

台北101を撮影するならここ!

意外と穴場の板橋林家花園でのんびり散策を

Aliceさん(@alicesky2220)が投稿した写真



MRT板南線の龍山寺以西の駅を利用する機会はあまりないかもしれませんが、その西側エリアの中でおすすめなのが「板橋林家花園」です。

板橋林家花園は1893年に造園された台湾が誇る歴史的な名庭。

中国の福建省から台湾に渡り財を成した林家の邸宅と広い庭の散策が楽しめます。

美しい江南式の中華風庭園は季節ごとに違った表情を見せてくれます。

台北中心部から離れているため観光客が少なく穴場のスポットと言えるでしょう。

入場料も無料とお得なので、訪れてみてはいかがでしょうか。

アクセスはMRT板南線の府中駅から徒歩10分ほどです。

台北観光で気軽に使える交通機関MRTは、チャージ式の交通カードEasy Cardを利用すると楽チンです。

トークンと呼ばれるコイン型の一回券もありますが、地元の人だけでなく観光客もほぼEasy Card利用者です。

着いた先の空港内のコンビニや地下鉄の窓口、自販機でも購入できます。

チャージの仕方はとても簡単で、台湾鉄道や猫空ロープウェイ、バスでも使用できるので一枚持っておくととっても便利ですよ。

台湾観光関連記事

おすすめ記事