LCCタイガーエア羽田線、名古屋、福岡便就航

Ad

台湾のLCCタイガーエア台湾は12月19日から桃園~羽田線の運行をスタートしました。

このタイガーエア台湾はシンガポール航空系LCCのタイガーエアウェイズ・ホールディングスとチャイナエアラインが、2013年12月に合弁で設立。

台北に早朝着、帰りは早朝の帰国便となるため現地での滞在時間が長め。旅先では少しでも時間が多いほうがいいですよね。時間を有効に使えれば旅のプランもより充実するというものです。

加えて今後は

  • 1月28日から週5便で福岡発着便
  • 1月29日から毎日就航で名古屋発着便

が毎日運航することも決定しました。

一方これまで就航していた成田~高雄線は2016年3月26日から週7便から4便に減便、関西~高雄線も減便が予定されています。

台湾への渡航はタイガーエアの他にもLCC各社の参入が次々と発表され、ますます便利になっています。時間や運賃などを比較検討できることで、これまで以上に選択肢が広がるというのは台湾リピーターにとって嬉しいお知らせですよね。LCC各社の競合によって他社の価格がお得になるという可能性もあります。

タイガーエアでは減便になってしまいますが、南部旅を予定しているなら是非、高雄便の利用をお勧めします。高雄、台南、台東など南東部へは高雄空港を起点にするとアクセスもよく時短になりますよ。運賃やルートなどを比べてより充実した台湾旅を楽しみましょう。

フライトスケジュール

台北(桃園)ー羽田便

  • 羽田(05:00)→台北(07:50)
  • 台北(23:50)→羽田(04:00)

(いずれも月、火、木、日の週4便運行)

台北(桃園)-福岡便

  • 福岡(15:50)→台北(17:25)
  • 台北(11:45)→福岡(14:50)

(いずれも月、火、木、金、日の週5便運行/2016年1月28日から)

台北(桃園)-中部便

  • 中部(09:45)→台北(12:10)
  • 台北(05:20)→中部(08:45)

(毎日運行/2016年1月29日から)

(※記事掲載時点のフライトスケジュール)

タイガーエア台湾公式サイト:http://www.tigerair.com/jp/ja/

【関連記事】

おすすめ記事
コメント

メールアドレスが公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です。

Twitter