台湾(台北/台南/高雄)の観光旅行情報の提供から台湾のガイドや通訳の派遣を行っています。

台湾鉄道と日本の鉄道各社の観光交流、サービス延長

Ad

日本と台湾の鉄道各社の間で行われている「乗車券交流サービス」の延長発表が続いています。

台湾鉄路管理局(台北市)のローカル線、平渓線と江ノ島電鉄(神奈川県藤沢市)の乗車券交換は、今年でなんと4年目に突入。阿里山森林鉄路(嘉義市)と黒部峡谷鉄道(富山県黒部市)も交流の延長を決めています。台鉄と江ノ島電鉄は、2013年4月に観光連携協定を締結しました。

一日乗車券の相互無償交換を通じて、双方で観光振興を図ってきた実績があります。無償交換は当初2014年3月まででしたが、好評を受けて延長を重ねていました。両鉄道は3月15日に友好協定を締結。従来の乗車券交換に加え、沿線観光名所の情報や提携店舗で使える割引クーポンが詰まったハンドブックの配布を行います。このハンドブックの配布開始は5月から。日本の旅行者は台北駅、瑞芳駅で、台湾の旅行者は藤沢駅、江ノ島駅、鎌倉駅で乗車券を交換する際にもらえます。台鉄は同月、記念版一日乗車券の限定販売も行うそうです。ちなみに阿里山森林鉄路と黒部峡谷鉄道の往復乗車券の相互引き換えサービスは、今年末まで続けられる予定だそうです。

訪台する日本人、訪日する台湾人が増えるなか、お互いに嬉しいサービスですよね。より良い情報を上手に使って、お得に台湾旅を楽しみましょう。


台湾観光関連記事

おすすめ記事