台湾(台北/台南/高雄)の観光旅行情報の提供から台湾のガイドや通訳の派遣を行っています。

台湾桃園国際空港が世界の空港ランキングで20位にランクイン

Ad

イギリスの航空調査・格付け会社「スカイトラックス(Skytrax)」が「ワールド・ベスト・エアポート2016」の選定結果を発表しました。世界ベスト100空港のトップに選ばれたのは、昨年に続いてシンガポール・チャンギ空港です。台湾北部・台湾桃園国際空港は昨年の17位から20位に後退しました。「ワールド・ベスト・エアポート2016」の授賞式典は、ドイツ・ケルンで行われました。

シンガポール・チャンギ空港は4年連続で第1位に選出されるという不動の評価で、来年もまたこの記録が更新されるか注目されています。2位から5位は、仁川国際空港(韓国)、ミュンヘン空港(ドイツ)、東京羽田国際空港(日本)、香港国際空港(香港)がそれぞれランクインしました。仁川国際空港は4年連続の2位、ミュンヘン国際空港は3年連続の3位という結果です。台湾桃園国際空港は昨年の「ワールド・ベスト・エアポート」で17位にランクインしたほか、「空港のサービススタッフ」部門では1位に選ばれています。

今後MRT空港線が完成すれば今よりも快適なアクセスが望めるため、さらに利用客の増加が見込まれています。

ちなみに日本の空港は6位に中部国際空港、9位に関西国際空港がランクイン、健闘をみせました。

下記のリンクではその他の国のランキングも紹介されています。

【ランキング】世界の空港とアジアの空港2016。昨年に続いて1位はシンガポール・チャンギ国際空港。

【関連記事】

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です