大切な人にあげたい、おしゃれな台湾土産を探そう!

Ad

手頃なお菓子もいいけれど、大切な人には特別で素敵なお土産とともに旅の思い出を語りたいですよね。

少し違った目線で台湾らしさを感じられるお土産なら尚のこと喜ばれますよ。

こちらではセンスのよい台湾生まれのおしゃれなお土産をご紹介します。あげる人のことを想像しながら選ぶとより好みにぴったりの贈り物を見つけられますよ

1. 阿原石鹸

九份03

阿原は日本のオーガニック好きにも浸透している台湾を代表する石鹸ブランドです。台湾全土では手作り石鹸が浸透しています。有機栽培の材料を使って丁寧に作られた石鹸は香料や化学成分、防腐剤などは一切使っていないので、肌にも優しく全身使えるのだとか。少しお値段は高めですが種類が多く効能がそれぞれ違った石鹸は香りのいいものばかり。少量でたっぷり泡立つので毎日使っても長持ちします。肌の悩みや好みの香りで選ぶとよいでしょう。日本語の説明もありますので安心してお買い物できます。比較的中心部や観光地でもお店を見つけることができます。

購入できる場所 阿原 信義誠品店
住所 台北市松高路11号5F
TEL 02-2722-7297

※その他支店多数

2. 絵葉書

台北のデザイン雑貨ブランド「蘑菇Mogu」

Made in Taiwanを引っ張る台北のデザイン雑貨ブランド「蘑菇Mogu」

Moguをはじめ台湾の雑貨店で販売されている絵葉書は一風変わっていておすすめです。様々な台湾に関するモチーフが描かれた絵葉書は、凸版印刷や版画で作られている素朴でかわいらしいもの。一枚一枚インクの擦れ具合などが違っているので手にとってじっくり見ながら選びましょう。通常の観光地の写真絵葉書ではなく、一癖あるデザインがとてもおしゃれです。旅の思い出を手紙に綴って現地から送るのもいいですね。台湾を代表するシンボルや観光地、民族などをモチーフにした少し気の抜けたイラストが素敵です。いろんな図柄からお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

購入できる場所 蘑菇Mogu 台北中山本店
住所 台北市大同区南京西路25巷18-1号
TEL 02-2552-5552

3. 客家花布

客家花布とは台湾で古くから愛されている花柄模様の布のことを指します。青や赤など華やかな色合いの布地に描かれているのは色とりどりの花模様です。模様布の好きな女性達からは台湾のキャスキッドソンとも言われて人気があります。こちらの布は迪化街にある永楽市場のお店で多く目にすることができます。自分でオリジナルを作りたいなら布地を買って帰りましょう。コースターやハンカチにしてもいいですね。客家花布で作られたバッグやポーチなどの既製品も販売されています。ハッとするような明るい模様の布はコーディネートのワンポイントとしても大活躍してくれますよ。

購入できる場所 永楽市場
住所 台北市迪化街一段21号

※市場内には客家模様の布を扱うお店がたくさんあります

4. 阿里山コーヒー

ALISAN COFFEEは阿里山で採れるおいしいコーヒーの味をもっと多くの人に知ってほしいと、日本からやってきた伊藤篤臣さんが一念発起して立ち上げたコーヒーブランドです。現在は実店舗を持つ立派な台湾メイドのコーヒーブランドとして各地で評判になっています。おしゃれなデザインのパッケージが非常に目を引くこちらのラインナップは、珈琲豆以外にも手軽に楽しめる一杯立てのドリップパックまで様々な種類があります。おすすめの味はぜひ伊藤さんに聞いてみましょう。こだわり派のコーヒー好きの方にあげたいお土産です。

購入できる場所 天母Goodman Roaster
住所 台北市士林區天玉街110号
TEL 0983-295-547

※その他台北市内の雑貨店でも購入可能

5. 国立故宮博物院

故宮お土産

世界でも有数の規模を誇る国立故宮博物院は65万点超えのコレクションを収蔵するマンモス博物館です。初めて台湾を訪れるなら外せない観光スポットの一つと言えます。美しい展示品の鑑賞はもちろんですが、こちらのミュージアムショップは文房具から衣類まで幅広いラインナップが揃っており、お土産探しにぴったりです。特に国立故宮博物院のマスコット的存在でもある「翠玉白菜」のグッズが大人気です。ボールペンやストラップなど色々なグッズにちょこんと付いた白菜がとてもかわいらしいですよ。少しクスっと笑う白菜グッズは大人から子供まで幅広い年齢層に喜ばれます。

購入できる場所 国立故宮博物院
住所 台北市士林区至善路2段221号
TEL 02-2881-2021

【関連記事】

おすすめ記事
コメント

メールアドレスが公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です。

Twitter