台湾で世界一のパンを食べよう!台北にある世界チャンピオンになった「呉寶春」

Ad

4年に一度パリで開催されるベーカリーのワールドカップこと「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー」。その出場者の中から特に優秀な職人を集めてチャンピオンを決めるのが「マスター・ドゥ・ラ・ブーランジュリー」。

その2010年に開催された大会で優勝を勝ち取ったのが呉寶春(呉宝春/ウーパオチュン)さん。業界のみならずその偉業は台湾全土でも大きく響きわたりました。彼の活躍を描いた映画も制作されたほど今では超有名なパン職人です。その呉寶春さんのベーカリーへご案内しましょう。

誠品生活松菸店で行列が絶えない呉寶春麥方 台北店

台湾・台北にある世界一のパン屋「呉寶春」

呉寶春さんが主催するベーカリーショップ「呉寶春」は、本店である高雄でしか味わえませんでしたが、台北でも人気の観光スポットである誠品生活松菸店の地下1階にも支店ができました。松山文創敷地内では呉寶春の黄色いペーパーバックを持った人をよく見かけます。

世界チャンピオンのパンが食べられるとあって、連日お店には行列ができるほどの大盛況なのだそうです。欲しいパンをゲットするには早めの時間が良さそうですね。ホームページでは販売メニューも掲載されています。

世界チャンピオンに輝いたパン、荔枝玫瑰麵包

台湾・台北にある世界一のパン屋「呉寶春」

呉寶春さんの名前を世界に轟かせたのが「荔枝玫瑰麵包」というパンです。台湾の風土を感じられる予想外の組み合わせが大会で高い評価を得て、2010年世界一に輝きました。

荔枝玫瑰麵包はその名の通り、台湾の名産ライチと香り高いバラの香りが漂う、台湾原住民の伝統酒「小米酒」で作ったパンです。パンにはライチの絵が施されておりとてもかわいらしいのですが、そのパンの大きさにも驚かされます。冷凍庫に保存しておけば2週間は保つとのことなので、食べやすいように小さく切って保管しましょう。

アジアチャンピオンに輝いたパン、酒釀桂圓麵包

台湾・台北にある世界一のパン屋「呉寶春」

呉寶春の人気パンは荔枝玫瑰麵包だけではありません。「酒釀桂圓麵包」もまた2008年にアジアチャンピオンに輝いたパンなんです。こちらは龍眼とワインを使ったパンです。生地にはクルミが練りこまれています。ハード系パンでありながら、やわらかなモチっとしたパンにクルミと龍眼の食感が見事な組み合わせです。ワインを使っているのでアルコールの香りもする少し大人向けのパンといえます。

日本ではあまり馴染みがない龍眼ですが、ライチのような甘い果肉でとても風味がいい果実です。これを機にぜひ味わってみましょう。パンに描かれている月と星はお母さんと子供を表現しているのだそうです。芸術品のように美しいパンですよね。

 

台湾のパン屋「呉寶春」に並ぶパン

台湾・台北にある世界一のパン屋「呉寶春」

チャンピオンに輝いたパンの他にももちろんおいしいパンがたくさんあります。バゲットなどのハード系パンを始め、ベーグルやクロワッサンなどはもちろん、日本のパンであるクリームパンやカレーパンなどもあります。

種類豊富なので迷ってしまいますが、試食も用意されているので色んなパンを試してくださいね。他にパイナップルケーキもお土産用に人気があります。冬瓜を使わずしっかりとしたパイナップルの味を楽しめると評判です。

いかがでしたでしょうか。高雄に行く機会があれば是非本店にも立ち寄ってみたいですよね。呉寶春麥方 台北店は台北の中心地にあるのでアクセスも抜群です。日本の雑誌でもパン特集の巻頭を飾るなど、海を越えてパン好きの間でその評判が広がっています。

チャンピオンに輝いた珍しいパンを始め、日本では出会えない味を求めて呉寶春麥方店へ行ってみましょう。

 

住所 台湾台北市信義区菸廠路88号(誠品松菸店B2)
電話番号 02-6636-5888
営業時間 11:00~22:00
休み 不定休
アクセス MRT板南線市政府駅から徒歩7分


吳寶春麥方店 台北店パン / 市政府駅周辺)

昼総合点★★★★ 4.0

【関連記事】

おすすめ記事
コメント

メールアドレスが公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です。

Twitter