台湾(台北/台南/高雄)の観光旅行情報の提供から台湾のガイドや通訳の派遣を行っています。

台湾でLINE、楽天銀行が銀行業認可を取得

昨日、Yahoo!JAPANを運営するZホールディングスとLINEが経営統合する基本合意がされたニュースがありましたが、8月にこんな気になるニュースも。

たまたまLINEのIR情報を見ているとNewsに「台湾における、インターネット専業銀行業認可取得に関するお知らせ」と2019年7月30日に台湾の金融監督当局から認可を取得されたニュースを見かけました。

台湾における、インターネット専業銀行業認可取得に関するお知らせ/LINE

台湾でのLINE利用率は約90%もあり、LINE Taiwanは既にLINE MUSIC Taiwanの提供を7月10日に開始しています。

まだ、概要や具体的なサービス内容などの詳細は決定次第、改めてお知らせしますとのことですが、参画は以下の通り。

  • LINE Financial 台湾 49.9%
  • 台北富邦銀行 25.1%
  • 中国信託商業銀行 5%
  • 遠伝電信 5%
  • スタンダードチャータード銀行 5%
  • 台湾モバイル 5%
  • 聯邦銀行 5%

など

ちなみに楽天銀行も楽天カード、IBF Financial Holdings Co.,Ltd.(國票金融控股股份有限公司)と合弁で2019年7月30日に銀行業認可取得しています。

台湾における銀行業認可取得に関するお知らせ/楽天銀行

今後、樂天國際商業銀行股份有限公司を新設し、2020年度中の銀行サービス開始する予定。この樂天國際商業銀行股份有限公司の出資比率は、楽天銀行50%、楽天カード1%、IBF社49%となっています。

ZホールディングスとLINEの経営統合の合意の際にもLINEはフィンテックに力を入れる旨のコメントも発表され、台湾でも今後いろんなサービスが始まると思います。LINEや楽天銀行ともにどんなサービスが始まるのか非常に楽しみですね。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。