台湾で英語、日本語は通じる?旅行で困った時は誰にどんな風に尋ねてみる!?

Ad

台湾では、英語日本語が通じるとよく言われていますが、実際の所、ツアーで行くとよく通じても個人旅行では通じなくて困ったという声も聞きます。

それってなぜでしょうか。

実は、台北など観光客が沢山訪れる所では英語や日本語が通じますが、それ以外の所へ行くと通じないということがあります。

台湾で英語は通じるのか?

英語で話しかけてみると、台北では通じることが多いですが、南の方に行くと英語が驚くほど通じないのが事実です。日本で英語が通じるかどうかと言った程度です。それでも20代、30代の若い人は英語を勉強していますので通じることが多く、年代層によって差があります。

台湾で日本語は通じるのか?

台湾で英語、日本語は通じる?困った時は誰にどんな風に尋ねてみる!?

日本語も台北の有名観光地などでは通じることがありますが、観光地を離れると駅やバス、タクシー、個人のお店のほとんどで日本語が通じません。

日本の統治時代を経験している70才より上の人に日本語で話しかけるか、もしくはこちらも若い人に話しかけるのがベストです。

大学などで勉強しているというのもありますが、若い人は日本カルチャーへの関心も高く持っています。親日家が多いのも台湾の特徴です。台湾人の12%を超えることが日本に観光に来ているとも言われます。

台湾で日本の漢字は通じる?

ちなみに、日本の漢字は台湾でも不思議なほど伝わります。たまに、漢字は同じでも意味が全然違うこともあり要注意ではありますが・・・。

日本語を話せる台湾人を探して歩くより漢字を書いた方がよっぽど早く通じるというのには驚きです。

漢字の力ってすごいですよね。

台湾に行くには中国語?英語?、何語を覚えて行ったらいい?

子ども達は学校で中国語を使いますが、台湾には実は台湾語、客家語、原住民語と多様な言語があります。

さらに知っていますか?中国語と台湾で使う北京語はちょっと違うのです。

中国語を勉強して行っても台湾人は私達の中国語を理解すると思いますが、台湾人の話す北京語はあまり聞き取れませんので注意です。

だって、台湾では家族の中でも、北京語しか分らない人、台湾語、北京語両方わかる人と色々な人がいるといいますので当然のことかもしれません。

英語や中国語を覚えて行ってもいいのですが、台湾に行くのであれば、「台湾の北京語」を勉強するのが一番いい方法です。中国とは少し発音が違いますが、知っている言葉もあって覚えやすいと思います。

台湾で英語、日本語は通じる?困った時は誰にどんな風に尋ねてみる!?

台湾旅行で使えるあいさつなど覚えてほしい言葉は?

こんにちは 好(ニイハオ)
おはよう 早(ザオ)
さよなら 再見(ザイチェン)・拜拜(バイバイ)
ありがとうございます 多謝(ドーシャー)
はい/いいえ 是(シー)/不是(プゥシー)
ありがとう 謝謝(シィエシエ)
ごめんなさい 対不起(トゥイプチー)
わかりません 聴不(ティンプトン)
書いてください 請写一下(チンシィエイーシィァ)
大丈夫です 没問題(メイウェンティ)
ここに行きたい 我想去(ウォシァンチュイ)
メニューを見せてください 請給我看一下菜單(チンゲィウォカンイーシァ ツァイタン)
おいしい 好吃!(ハオツー)
お会計お願いします 買単(マイ ダン)
トイレどこですか? 洗手間在ロ那里?(シーショウチエンツァイナーリ)
いくらですか? 多少銭?(ドゥオ シャオ チエン)
ちょっと安くしてください< 請算便宜一點(チンスンビェンイーイーディェン)
これください 我要這個(ウォ ヤオ チェー ゴ)

これだけ見るとわかるように、北京語の発音を覚えるよりは、漢字で書く練習をしていった方がいいですよね!やっぱり日本人なので漢字だったら覚えられそうです。

最後に台湾で困った時には誰に尋ねるのがいい?

やっぱり、それは70才代以上の人に日本語で聞くか、20代~30代の若い人に英語または日本語で聞く、それでダメなら漢字を書いてみる、それがベストな方法です。漢字って便利なのです!

タクシーなどではできるだけ大きな字を書いて見せるとスムーズです。

ペンとメモ帳を持っていくことを忘れずに!

台湾観光関連記事

おすすめ記事
コメント

メールアドレスが公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です。

Twitter