台北からのプチ旅行を楽しむ2泊3日観光モデルプラン(台北+淡水+猫空+鶯歌)

Ad

台北中心部もいいですが、周辺の魅力的な街へのプチ旅行はいかがでしょうか。

台北から1時間以内で行ける近郊の個性的な街をご紹介します。

歴史散歩あり、茶藝館あり、もちろん台湾小吃もありの充実の2泊3日に出かけましょう!

歴史散歩と夕景を満喫する淡水の旅

淡水老街

1日目

11:00 台北駅からMRT淡水信義線で淡水へ
11:40 淡水老街で魚丸湯と阿給を食べる
12:00 淡水老街を散策しながら教会へ
12:30 淡水礼拝堂、滬尾偕医館を見学後、徒歩で真理大学へ
14:30 淡江高級中学を見学しながら校内のカフェでティータイム
16:30 紅毛城前のバス停からバスに乗って漁人碼頭へ向かう
17:00 漁人碼頭をお散歩しながら夕景を待つ
19:00 日が暮れたら夕飯を食べに士林夜市へ

台北駅からMRT淡水信義線の終点淡水駅までは約40分ほどです。
淡水駅を降りると淡水川沿いに老街が広がっています。
早速ランチにするなら淡水の名物である阿給と魚丸湯がおすすめです。
駅からは遊歩道沿いにある阿給原創店が近くて便利です。

食後は老街を散歩しながら淡水ゆかりの人「マカイ博士」の足跡をたどって歴史散歩はいかがでしょうか。
美しいレンガの「淡水礼拝堂」、「滬尾偕医館」を訪ねましょう。
さらに歩いて紅毛城が見えてきたら坂道を上がって「真理大学」へ。
お隣の淡江高級中学の美しい校舎に注目です。ここで校内にあるカフェで一休みしましょう。
涼しくなってきたら「紅毛城」前のバス停からバスに乗って漁人碼頭へ。
淡水のヴェニスと謳われる見事な夕日に出会えます。

再びMRT淡水駅から台北方面へ。
帰り道にある劍潭駅で途中下車し、士林夜市で食べ歩きしながら夕飯をどうぞ。

お茶の産地へ!猫空ロープウェイに乗ろう

猫空ロープウェイ

2日目

10:00 MRT動物園駅から猫空ロープウェーで猫空の茶畑へ
11:30 茶藝館でお茶の葉を使ったランチ、ゆっくりお茶を楽しむ
13:30 茶畑の作業風景などを見にお散歩
15:00 再びロープウェーで台北へ
16:00 忠孝復興周辺の百貨店でお土産ショッピング
19:30 遼寧街夜市で食べ歩き

空中散歩を楽しみましょう。
MRT動物園駅から猫空ロープウェーに乗って約30分。
山を上がっていくにつれ景色がどんどん良くなります。
台北101も見えますよ。
終点猫空駅で降りるとそこは茶畑の里です。
いくつもの茶藝館があるので目当てのお店を事前に調べておくのがおすすめです。
お茶の葉を使った料理の数々が並ぶランチを堪能したあとはゆっくりとお茶をどうぞ。

食後は茶畑を眺めながら周辺を散策してみましょう。
高度が高いためか空気が澄んでいてとても気持ちがいいです。
街なかで買うよりお得な価格でお茶も買えます。

再びロープウェーで下山したあとはMRT忠孝復興駅でお土産ショッピングを
SOGO忠孝店やヌガーで有名な糖村などがあります。
おやつを食べるなら「Mango Cha Cha」でマンゴーたっぷりのかき氷をどうぞ。
夜は地元の人に愛される少しマニアックな遼寧街夜市で小吃を食べましょう。

陶器の街、鶯歌で茶器を探そう

鶯歌駅

3日目

9:00 台湾鉄道に乗って陶器の街、鶯歌へ
10:00 新北市立鴬歌陶磁博物館を見学
11:30 鶯池池上飯包を買う
12:00 陶瓷老街でお弁当タイム
13:00 老街を散歩しながらお土産や茶器探し
15:00 台北駅に戻って新光三越の春水堂でひと休み、誠品書店にちょっと寄り道
18:00 空港へ

陶器の街鶯歌を訪ねましょう。
台北駅から台湾鉄道に乗って約20分。
のんびりとした空気感が漂う素朴な街並みを歩きながら、まずは鴬歌の陶磁器に触れるため「新北市立鴬歌陶磁博物館」に向かいましょう。
常設展示では陶器作りや素材など陶器全般の展示があり、上階へ上がると企画展が行われています。
博物館を出た後は再び駅方面へと歩きます。

しばらくすると台湾のコシヒカリこと池上米を使ったお弁当屋さん「池上飯包」が見えてきます。
とてもリーズナブルなのでテイクアウトしましょう。
陶瓷老街に着いたら木陰のベンチでお弁当タイムです。
陶瓷老街にはいくつもの陶磁器店が並び、陶芸体験も可能です。
台湾茶をおいしく飲むために素敵な茶器をさがしてはいかがでしょうか。

再び台北に戻ったあとは新光三越の「春水堂」でティータイム。

時間に余裕があれば「誠品書店」で寄り道をして台湾の旅を締めくくりましょう。

台湾観光旅行モデルプラン関連記事

おすすめ記事
コメント

メールアドレスが公開されることはありません。
が付いている欄は必須項目です。

Twitter