台湾(台北/台南/高雄)の観光情報(旅行ガイド)や翻訳などサポート。

台北で早起きして朝ごはんを食べに出かけよう!!

Ad

台湾は基本的に朝ごはんは外食するのが基本です。日本では珍しい光景かもしれませんが、小さな子供からおじいちゃんまで家族揃って食堂で朝ごはんを食べるのは当たり前。丸いテーブルを囲んでいる牧歌的な雰囲気は見ているとなんだか和みます。ホテルの朝食を1日休んででも一度は食べてみたい台湾の代表的な朝ごはんメニューをご紹介します。

台湾で朝ごはんなら豆漿と油條

阜杭豆漿01

定番朝ごはんといえばやっぱりコレ。豆漿とは豆乳のことです。お砂糖入りの温かい豆乳に、油條と呼ばれる揚げパンをちぎって浸しながら食べます。この甘みと揚げたてのサクサクとした油條の食感がたまりません。豆乳だけをテイクアウトしていく人も多数見かけます。台湾ではコーヒーよりも豆乳と食べ物という組み合わせをよく見かけます。お砂糖なしや冷たいタイプの豆漿もあります。台北で豆漿を食すなら人気の阜杭豆漿へ行きましょう。



台北で豆漿なら「阜杭豆漿」がおすすめ

店名阜杭豆漿
住所台北市忠孝東路一段108号2F-28
TEL02-2392-2175
営業時間5:30~12:30(なくなり次第終了)
休み月曜日、旧正月5日間、端午節、中秋節
アクセスMRT善導寺駅出口5すぐ


台北で朝ごはんなら飯糰

飯糰は台湾式のおにぎりです。注文すると目の前でおばちゃんがササっと作ってくれます。ラップの上にご飯を敷いて具材を置いてクルクルっと巻いてできあがり。煮卵が丸々一個入っていたり、切り干し大根や油條が入っているものも。コンビニで売られている飯糰もかなり具沢山です。お店によって異なりますが主に紫米の飯糰が定番です。一つ食べるだけでかなりお腹いっぱいになります。

台北の飯糰なら「劉媽媽飯」がおすすめ

店名劉媽媽飯
住所台北市杭州南路二段88號
TEL02-3393-6915
営業時間5:30~11:00
休み旧正月大晦日から1月5日まで
アクセスMRT古亭駅すぐ


台北で朝ごはんなら肉粥

豚肉、干しエビ、野菜で作る雑炊のようなお粥です。お米から炊き上げるためとろみがあり、お腹にも優しいので朝ごはんにぴったりです。煮込まれた具材と出汁の効いたスープが体に染み渡ります。量は少なめなのでサイドメニューを数品注文しましょう。豚バラ肉を揚げた紅焼肉が肉粥にはぴったりです。蒸したお肉が柔らかくておいしい鶏肉料理もおすすめです。

台北の肉粥なら「周記肉粥店」がおすすめ

店名周記肉粥店
住所台北市廣州街104号
TEL02-2302-5588
営業時間6:00~16:50
休み不定期
アクセスMRT龍山寺駅から徒歩5分


台北で朝ごはんなら三明治



台湾でパン?と思うかもしれませんが、実は三明治と呼ばれるサンドイッチも朝ごはんの定番です。お店によって具材は異なりますが、トーストした食パンに卵焼きやスパム、そしてキャベツやレタス、トマトといった野菜をたっぷり挟んだボリュームのあるものが多いです。香ばしいパンに挟まれた甘い卵焼きとシャキシャキの野菜にかぶりつけば朝から元気が出そうですよね。

台北の三明治なら「豐盛號」がおすすめ

店名豐盛號
住所台北市士林區中正路223巷4号1
TEL02-2880-1388
営業時間7:00-11:30
休み日曜
アクセスMRT士林駅出口1から徒歩3分


台北で朝ごはんなら涼麺



朝だって麺が食べたい!という方には台湾版の冷やし中華、涼麺はいかがでしょうか。具材はなんと麺の上に千切りキュウリが乗っただけというシンプルな麺ですが、コクのあるゴマだれとの相性が抜群です。つるっとした麺とキュウリの歯ごたえ、そして鼻を抜けるゴマの香ばしい香りがたまりません。しっかりと混ぜて食べるのが美味しく食べるコツですよ。

台北の涼麺なら「張春涼麺」がおすすめ

店名張春涼麺
住所台北市中正區中華路二段368號
TEL02-2301-3417
営業時間8:30~売り切れ次第終了
休み木曜
アクセスMRT龍山寺駅から徒歩約15分


お店で食べるのはもちろんですが、テイクアウト文化が根付いている台湾では、お店にバイクで乗り付けて気軽に打包(テイクアウト)していく人も多数です。人気のお店は次から次へとお客さんが押し寄せますが手際のいい店員さんたちがあっという間に列をさばいてしまいます。そんな慌ただしくも清々しい朝の台湾を見られるのもモーニングの時間ならではといえますね。

台北観光旅行関連

おすすめ記事
Comments (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です