台湾(台北/台南/高雄)の観光旅行情報の提供から台湾のガイドや通訳の派遣を行っています。

台北が15位にランクイン!世界旅行先都市トップ100

Ad

国際的な市場調査会社、ユーロモニター・インターナショナルが「世界の旅行先都市トップ100(Top 100 City Destinations Ranking)」の最新データを発表しました。

100位中には多くアジア都市がランクインされています。

根強い人気の香港が5年連続でトップとなり、台北市は15位、東京は25位という結果に。台北市が日本と大きく10位もの差をつけています。日本の台湾旅行熱だけでなく世界的にも人気が高まっているということですね。

その他のアジア都市の主な順位は、シンガポールが3位、バンコクが4位、マカオが6位、深圳が7位、クアラルンプールが10位、韓国のソウルは13位でした。

調査を行ったユーロモニター・インターナショナルは、ロンドンに本社を置くマーケティング・リサーチ会社。世界的規模でライフスタイル、人口構成、社会経済的データなどの調査を行っています。このレポートは、世界各地の都市ごとに政府統計や空港への到着者数を含む旅行データを分析したもの。毎年アジア各国の都市がランクインしていますが、今回は特に上位に食い込む健闘ぶりを見せています。

国立故宮博物院南院や奇美博物館など話題のスポットが続々オープンしているだけに、今後は台北だけでなく台中や台南も上位に入ってくるかもしれませんね。


【関連記事】


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です