台湾(台北/台南/高雄)の観光旅行情報の提供から台湾のガイドや通訳の派遣を行っています。

打狗英国領事館ー高雄ー

打狗英国領事館ー高雄ー
Ad

打狗英国領事館は高雄の西子湾エリアの小高い丘の上にあり、高雄で最も古い西洋式の建物と言われています。

三方を海に囲まれているため打狗英国領事館からの眺めには素晴らしいものがあります。

打狗英国領事館の見所やポイント

高雄の展望スポットとしての地形

打狗英国領事館:高雄の展望スポット

高雄の打狗英国領事館は、中山大学近くの海抜30mの小高い丘の上にあり、大学のグラウンドに立つと赤レンガの建物が良く見えます。

打狗英国領事館の石段

この建物に行くには140段近くの石段を登っていきます。このエリアはまた打狗英国領事館文化園区とも呼ばれており、丘の上には英国領事官邸の建物が、そして丘の下には領事館があります。丘の上の領事官邸と下の領事館は登山歩道という石段でつながっています。

領事官邸からの眺めは素晴らしく、特に高雄湾に沈む夕日を見ようとやってくる観光客も少なくありません。

打狗英国領事官邸の建築様式

打狗英国領事館邸の建築様式

山の上の領事官邸は赤レンガでできたバロック様式の建築物で当時のイギリスの植民地様式を良く表しています。建物の周りは回廊のバルコニーになっており、バルコニーにはアーチがいくつか作られています。

室内の各部屋には暖炉があり趣があります。領事官邸には地下がありますが、ここは貯蔵室や倉庫に使われていました。こんな高い所に官邸を?と思うかもしれませんが、丘の上の静けさとそこから見える素晴らしい風景を考えると、当時の英国領事がこの地を官邸に選んだことがわかるような気がします。

ステキなカフェ「ローズハウス」

打狗英国領事館:ステキなカフェ「ローズハウス」

領事官邸内にはカフェ「ローズハウス」があります。日本にもあるお店なのでなじみのある人もいると思います。

ショップ内ではティーやティー関係の雑貨が販売されていますが、なんといってもここで一休みしてティーを楽しむことをおすすめします。室内と屋外に席がアレンジされていますが、屋外の席に座ると素晴らしい風景を見ながらティーが楽しめます。ティーの他、軽食をとることもできます。

登山歩道を通って丘の下の打狗英国領事館へ

打狗英国領事館への登山歩道

打狗英国領事館文化園区は以前はこの丘の上の官邸だけ公開されていたのですが、最近、丘の下の領事館も公開されるようになりました。この領事館は下の道路に面したところにあり、領事官邸とは「登山歩道」と呼ばれる小道でつながっています。領事館内には歴史的な資料が展示されていますが、訪れる人に人気があるのが実物大に作られた当時の人々の人形です。領事館で働いていたイギリス人や物を売る台湾人など、表情豊かに作られた人形が当時の様子を物語っています。

打狗英国領事館近くの西子湾

打狗英国領事館:西子湾

打狗英国領事館のすぐ近くにある西子湾は美しい夕日が見れるスポットとして家族連れやカップルに人気があります。もちろん夕日は領事官邸からも見れますが、夕日が沈むまで丘の上にいると、日が沈んでしまってから石段を下りていくのが少し大変かもしれません。そんな時は西子湾に行けば帰りの心配もしないでゆっくり夕日を楽しむことができます。

打狗英国領事館の歴史や背景

打狗英国領事館建設のいきさつ

打狗英国領事館が建設される前は、淡水にイギリスの領事館がありました。ところが1858年にイギリスと清朝との間で天津条約が結ばれたため、イギリスは現在の高雄に港を開港し海運業をさらに発展させることになりました。そして海運業の業務を担当するために領事館が必要になり、港に近い所として現在の場所を選び領事館の建設を始めました。領事館は1865年に完成しています。実際の領事館は丘の下にある建物で、丘の上の建物は領事官邸だったのですが、長い間、丘の上のものが領事館だと勘違いされていました。

「打狗」と「高雄」

打狗英国領事館の「打狗」は「たかお」と読みます。これは元々この地域の住民がこの地域を「Takao」と呼んでおり、その音に中国語の「打狗」が使われました。時代が下って、日本統治時代が始まると、日本語の「高雄」がその発音に近いということで使われるようになり今日に至っています。打狗英国領事館が今でも打狗の名前を使っているのは、この建物が歴史的建造物であるためです。打狗英国領事館の正式名は「高雄史跡文物陳列館」と言います。

打狗英国領事館のその後の変遷

打狗英国領事館は日本統治時代になると水産試験場として使われ、この利用は1979年まで続きます。その後1987年には高雄市政府により「英国領事館」として古蹟登録されています。実際の領事館は高台のふもとにありあまりぱっとしなかったため、長い間観光スポットとして修復されていませんでしたが、近年修理が行われ、登山歩道も整われたため、今では両方の建物を見学することができます。

高雄・打狗英国領事館へのアクセス

住所台湾高雄市蓮海路18号
営業時間平日 9:00-19:00(入場:18:30まで)
土日曜日・祭日 9:00-21:00(入場:20:30まで)
休業日第三週月曜日

台湾観光関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。