台湾(台北/台南/高雄)の観光旅行情報の提供から台湾のガイドや通訳の派遣を行っています。

台湾名物、日月潭紅茶のPR施設が誕生

Ad

台湾南投県魚池郷を産地とする日月潭紅茶をご存知でしょうか。

その名の通り、日月潭周辺で生産されている台湾の紅茶ブランドです。この日月潭紅茶を始めとする、台湾における紅茶文化を紹介する文化施設「日月潭紅茶館」が着工されました。施設は地下1階、地上5階建て。延べ床面積は1165坪に上ります。館内には観光工場や製茶体験コーナー、レストラン、農産品展示販売所などが設置され、完成は来年末を予定しています。質の高い台湾の紅茶は、台湾茶と並んで観光客に人気があります。日月潭に行くと、九族文化村へ続くロープウェイ乗り場の土産物店や、伊達サオの老街に紅茶の専門店が並んでいます。

販売されている品種は、台茶7号、台茶8号、台茶18号「紅玉」など。特に台茶18号「紅玉」は一級品とされています。台湾で紅茶というと、甘いミルクティを想像しがちですが、茶葉の味わいを堪能するなら、やはりストレートの紅茶が一番。中でも台茶18号は、すっきりとした味わいで香りが良く、色もとても綺麗な色をしています。渋みやえぐみが少なく、時間が経ってもおいしくいただけるのが特徴です。茶葉タイプ、ティーパック、それぞれ少量から買えるものもあり、お土産にもぴったりです。

日月潭紅茶館(中国語)

台湾観光関連記事

おすすめ記事